咲きぬれば散るよりほかはあらざらむ いつぞかえらむまほろばの郷
d0003284_1714527.jpg
往きてまたかえらぬ人をさりともと待つ・・・
[PR]
by suzm1 | 2008-05-01 11:55 | 春猫夢 | Comments(1)
Commented by アゲハ at 2008-05-01 18:50 x
あずさゆみ春は果つともこころみに
         花をたずねんまほろばの郷

花を慕って北上すれば佐保姫の裳裾のいまだ華やかなところもあるんでしょうか。
もてはやされた花の時期は概ね過ぎ、あたりは既に葉桜、おちこちの山々は緑の濃淡が美しく、ここ数日は初夏を思わせる気候です。

移ろひて散る花もなし常盤木の
        変わらぬ心誰かしりきや
<< 夢ひとよ衣かえして待つ宵の月に... 白川の流れに散るも宵の花 また... >>